カートをみる ご利用案内   サイトマップ
 

スロットルリンクレバー類の取り扱いについて



スロットルレバー(マニリンクレバー)を取りつける(固定する)際、滑ると思ってついつい
締め代が無くなるまで絞めこんでしまいがちです。

当社取り扱いのレバー等は株式会社オーイーアール(OER)製で、「アルミ」の鋳造で
製作されています。 (扇型ワイヤーレバーや一部の製品は砲金製)

アルミ製は軽量で良い所もありますが柔らかい為、固定ねじを締め過ぎるとレバーの
アルミが伸びてスリット(締め代)が無くなり使い物にならなくなります。

この締め代(スリット)はメンテナンスが容易でシャフトを傷つけずに締結する為に有ります。
締め代が無くなればこの商品の使用目的(概念)も無くなります。

貴方が力持ちなのはよ〜く判りました。親の敵(かたき)じゃあないんだからそんなに
馬鹿力で締め上げたらレバーが逝ってしまいます。
そんなに締めなくてもちゃんと止(留)まります。

取り付けの際は、
レバー内側(穴)とマニシャフト(棒)をよく洗浄・脱脂して組み立ててください。
もちろん手も綺麗に。
オイルやガソリンまみれの脂ぎった手で作業をするなんて論外。

そんな汚ね〜手で触れば滑ってレバーが止まる訳がありません。

それでも止まらない理由の1つで中古品でありがちですが、シャフトの「錆び」
「磨耗」かレバーの素材が伸びてあぱあぱになっているおそれがあります。

・よく脱脂洗浄してから組立作業してください。

・締めすぎに注意してください。

・締め代が有る製品は締めたり緩めたり長期使用してれば当然隙間が無くなって
 いきます。締め代の隙間を締め切ったら終わりなので消耗品と考えてください。
 永久的に使える物ではありません。アルミ以外の製品でも同じ事です。

・軸(シャフト)を挿入してない状態での空締めは避けてください。
 変形して使用できなくなる事があります。


リンクレバーです。

シャフトが通る穴をよく
脱脂してください。

マニシャフトも脱脂洗浄のこと

脂(油)ぎった手で作業しない!

レバーをシャフトに通します。
精度が良いと少し通し難い。
逆にスルスルって通る
物も考えもの。

目的の位置まで移動して

締めて固定(締めすぎ注意)

固定完了

うん、大丈夫。


これは締めすぎ。
締め代がひっ付いてる

しかも、クラックが入り

割れたね

あぁ〜あ
1575円


他のリンク類も
同じです。

資料

ページトップへ